Flash加工写真 Display

Web wing 運営サイト




■ Web wing 運営サイトの、写真・Flash加工写真のサイトです。
日々書き綴る、たくさんの話題の中で、言葉では伝えにくい、
  
画像等の、展示サイトです。

写真だけのものと、Flash加工【Flash】をしたものがありますので、
 
 その動的な変化も、お楽しみ下さい。

各サイト掲載に合わせ、少しづつ増えていきます。

Web wingサイトの方もあわせて、よろしくお願いいたします。

   しばし、時間を忘れ、ごゆっくり、ご観覧下さい。

作   品
◆ サイト内で、判らないことや、調べたいことは、下記検索をお使い下さい ◆
Google
▼ 写真クリックで、拡大画像が見れます。【Flash】は、Flash加工をしたものです。
Display.21
Flash
初日の出
◆ 何かの区切りは、人間にとって、大切なものなのだろう。
    誕生日だったり、何かの記念日だったり・・

   新年もまた、その区切りに相応しい。
    今年こそ・・ と、気持ちを新たにするには、絶好の日だ。

   初日の出は、それを代表するものなのだろう。
    山に登ったり、遠出をして、見に行く人も多い。

   その瞬間は、感激をする。
    手を合わせたりして、今年1年を祈願する。

   人は、変わりたいと、願う時がある。
    変わらずに・・ と思う時がある。

   そのいずれにも、自然の代表である太陽は、欠かせないものだ。
    この行為は、太古の昔から、変わらないのであろう。

   祈願・・ というものを隠れ蓑にして、
    それは、自分への、強い意思表示に他ならない。

   これを見てくれるあなたにとって、この1年が、
    素晴らしいものになるように、切に思っています。

   今年も、よろしくお願いいたします。

▼ 写真クリックで、拡大画像が見れます。【Flash】は、Flash加工をしたものです。
Display.22
Flash
樹氷
◆ 自然は、偉大なる芸術家である。
    そう思わせてくれることは、度々ある。

   その作品は、前触れもなく、突然として、現れる。
    見慣れた風景が、一変して、私を驚かせてくれる。

   雪は、白いから、美しいのかもしれない。
    そして、白い花を咲かせたこの樹氷も、然りなのかもしれない。

   辺り一面が、白い世界だからこそ、
    空の青さが、際立つのだろう。

   空が青いからこそ、その白さが、美しいのだろう。
    自然は、素敵な色を使う。

   自然が、その才能を見せてくれるのは、あと何年だろう。
    それは、私達、人間にかかっている。

   自然が美しいから、人間は生き続けることが出来た。
    その恩返しは、忘れてはいけないはずだ。

▼ 写真クリックで、拡大画像が見れます。【Flash】は、Flash加工をしたものです。
Display.23
Flash
地球
◆ 新小説 天国からの、警告 !! 《 Warning from heaven 》
    Open Flachである。

   といっても、まだ準備中で、このFlachも、変更もあるだろう。
    ネット上で、見たかったことと、少し早い、宣伝を兼ねている。

   この小説は、
    
輪廻(生ある者が迷妄に満ちた生死を絶え間なく繰り返すこと)を、
    題材にしたものである。

   といっても、宗教の話しではなく、
    生きること・死ぬこと、そして、その間、何をするへきなのかを、
    楽しく、書いていくものである。

   本当は、マンガにしたかったのだが、まだ、資金が無く、
    それは、これからの目標となる。

   これに、音楽が付き、少しずつ、出来上がっていくだろう。
    それが、1番、楽しい時期なのかもしれない。

   はたして、読んでくれる人は、いるのだろうか。
    発表をすると、その不安は、いつも、消えない。

▼ 写真クリックで、拡大画像が見れます。【Flash】は、Flash加工をしたものです。
※ 音楽が流れます。音量には、ご注意下さい
Display.24
Flash
地球
◆ 新小説 天国からの、警告 !! 《 Warning from heaven 》
    Open Flachの、音楽である。

   歌詞は、まだ未完成で、もう少しで、出来上がる・・ 予定である。

   ドラマでも、音楽があるないでは、そのシーンの感動は、
    天と地との開きがある様に、やはり、音が入ると、
    Flashとて、受け止め方は違ってくる。

   テーマは、《 出会い 》。

   人に限らず、動物や植物だって、過去の何かが違えば、
    そのシーンに、出くわすこともなかった。

   と考えれば、過去の経験は、無駄には思えない。
    出会い、言葉を交わすだけでも、それは、不思議としか、
    言いようのないものに、感じる。

   これを見て、そして聞いて、何かを感じ取ってくれたなら、
    最高に、幸せである。

   そして、周りに対するやさしさを思い出してくれたなら、
    もう、言うことはない。